イメージを伝える

キーボード操作する手

 企業等においては、消費者や周囲へ向けたイメージ作りなども重要な営業戦略と考える向きがあります。そのため、販促品などにも自社のアピールポイントを組み込むなどが行われています。  例えば、会社説明として、映像制作を依頼して、会社の大まかな概要を説明する場合があります。この際に注意すべき点としては、映像制作を実施する側は、制作する事が専門ですので、コンセプトなどは依頼者側がしっかりとまとめておく必要があります。その上で、打ち合わせにおいては、アピールポイントや制作する必要性についてなどを、映像制作を実施する専門業者に理解してもらう事が大切です。映像を見終わった時に、果たして企業が言わんとする事が理解されるかどうかが重要になります。その点は十分に検討を重ねて打ち合わせをしておく事が推奨されます。

 映像制作は、様々な場面において利用する事ができます。会社の販促ビデオとして、会社の概要説明として、自社のプロモーションを兼ねてこれらを利用し、営業活動を行う事なども可能になります。本格的なものとしては、販促手法として、CM撮影を行ってテレビで放映するなどもあります。映像制作を行う専門業者にもよりますが、専用機材・専門技術・場所等が揃っている場合には、それぞれのシーンに応じた制作を実施してもらう事ができます。  最近では、30万円位から企業の映像制作などを実施するサービスを提供している専門業者も見られます。必要とするロケーション、その他によって料金の違いなどはありますので、詳細については予め確認しておく必要があります。